CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
J.BOY


浜田省吾1986年発表のオリジナル・アルバムです。
浜田省吾が初めてオリコンチャート第1位を獲得した記念碑的な作品として、現在まで伝えられています。
このアルバム最大の特徴は、やはり2枚組であるということでしょう。
ライブ盤「ON THE ROAD」を除けば、初めての2枚組アルバムということで、この作品に懸ける作者の意気込みが伝わってくるかのようです。
実際、楽曲の多さから来る作品レベルの低下はほとんどなく、すべての作品が一定以上のレベルに維持されているというのは驚異的です。

アルバム・タイトルの「J.BOY」は「Japanese Boy」の略で、当時はそういう説明が必要な言葉でした。
まだ、J-POPもJリーグもなかった時代のことですから、それも当然ですよね。
当時は、なんだってこんな造語を使うんだろうって思ってましたから。

アルバムとしては、前作「DOWN BY THE MAINSTREET」に続く少年成長物語をテーマとしていて、生まれた街を出た少年たちが成長して、自分の存在を考えるという全体的なテーマが根底に流れています。
それまで、環境問題や教育問題などの社会的なテーマを選んできた浜田省吾が、ここで初めて自分の存在に正面から見つめ合うというスタイルを取り、その結果多くの楽曲で内省的なフレーズが見られるようになりました。

シングルカットは次のとおり。

■LONELY-愛という約束事 / もうひとつの土曜日(1985年)
■BIG BOY BLUCE / SWEET LITTLE DARLIN(1985年)
■路地裏の少年 / 晩夏の鐘(1986年)

名曲「もうひとつの土曜日」が「LONELY」のB面というのも不思議な感じがしますね。

01 A NEW STYLE WAR
02 BIG BOY BLUES
03 AMERICA
04 想い出のファイヤー・ストーム
05 悲しみの岸辺
06 勝利への道
07 晩夏の鐘
08 A RICH MAN'S GIRL
09 LONELY - 愛という約束事
10 もうひとつの土曜日
11 19のままさ
12 遠くへ-1973・春・20才-
13 路地裏の少年
14 八月の歌
15 こんな夜はI MISS YOU
16 SWEET LITTLE DARLIN'
17 J.BOY
18 滑走路 - 夕景(Instrumental)

大きな政治的メッセージを込めたダイナミックな作品として今でも根強い人気を持つ「A NEW STYLE WAR」、爽やかな青春の切なさを歌った「想い出のファイヤー・ストーム」、バブル時代を思わせる「A RICH MAN'S GIRL」、広島の原爆をテーマにした「八月の歌」、そして表題作「J.Boy」と聴き所が多い作品です。

その中にあって、「19のままさ」「遠くへ」「路地裏の少年」と続く3部作は、あえて1970年代の古い曲を歌い、自分の原点を見つめ直すきっかけとなっています。
当時のレコード盤では、この3部作はちょうど2枚目のA面に収録されている曲であり、1枚目を聴き終えて、その後斬新な気持ちでこの懐かしい曲を聴くという流れになっていました。
(ちなみに、「19のままさ」「遠くへ」はこれが初収録)。
路地裏の少年は、もちろん浜田省吾のデビューシングルですが、デビュー当時収録時間の都合によりカットされたという3番の歌詞が含まれていて、これがオリジナル・バージョンだということです。
12インチシングルバージョンとアルバム収録バージョンも異なっているので、1976年盤を合わせると、「路地裏の少年」のスタジオ録音は3パターンということになります。

サウンド的には、ニューヨークでのトラックダウンによってかなり80年代的な音になり、当時の僕はこの音が作り物っぽくて好きになれませんでした。
今聴くと、なんてことのない素朴な音なんですけれど(笑)
ちなみに、ミキサーのグレッグ・ラダーニは、ジャクソン・ブラウンの作品で著名な人で、日本でも長渕剛「HUNGRY」(1985年)のミキシングで話題となりました。
長渕の「HUNGRY」も「♪勇次〜、あの頃の夢を忘れちゃいないかい〜(「勇次」)」で懐かしいアルバムですね。

ところで、トラックダウンのためニューヨークに旅行中、浜田省吾は当時日本を離れてアメリカでの作品作りに没頭していた尾崎豊と会っているそうです。
関係者を除くと、初めて「J.BOY」のトラックダウンを終えた完成テープを聴いたのは、尾崎が初めてだったと浜田省吾は述懐しています。
このとき、尾崎は「まるで僕のためにあるみたいだ」とカッコいいコメントを述べ、浜省は「そうだよ、君のために作ったんだよ」と、これまた浜省らしいコメントを尾崎に返しています(笑)
うーん、映像で見みてみたい!
ちなみに、この時、実はエコーズの辻仁成も渡米中で、浜省や尾崎と一緒に食事をしたと書いています。
ただ、浜省の回想の中では出演者は尾崎のみで、辻仁成の名前が出てこないのはかわいそうですが。

初めてチャート第1位を獲得したことについて浜田省吾は、レコード会社が戦略的にプロモートした結果であり、そのことが分からないほどもう若くはないと、冷静なコメントを残しています。
それでも、「ON THE ROAD "FILMS"」で「終わりなき疾走」を歌いながら、♪ヒットチャートはNO.1〜の部分に力を込めているのは、ようやくつかみ取った1位の座への感動ではないかと思われます。
ちなみに、この時の映像は1988年に渚園で行われた野外ライブ「A PLACE IN THE SUN」のもの。

このアルバムチャート第1位獲得を機に、浜田省吾は確実にメジャー・アーチストの仲間入りを果たしました。
それまで、どちらかというと通好みであった彼の音楽が、流行に流される普通の若者たちの心にフィットしたからです。
実際、当時は僕の周りでも自称浜省ファンが一気に増加しました。
このアルバムの登場によって、初めて浜田省吾を聴く人が聴くべきアルバムが誕生したということだったんですよね。

今でも、「J.BOY」を聴くと、僕にはあの頃の情景がいろいろと甦ってきます。
それだけ、このアルバムは当時の僕の生活と一体化していたんでしょうね。

| 全アルバムレビュー(オリジナル) | 19:50 | - | trackbacks(1) |
FATHER'S SON
浜田省吾1988年発表のアルバム「FATHER'S SON」です。



初めて売り上げ1位を記録したアルバム「J.Boy」から2年後に発表されたこのアルバムで、浜田省吾は「DOWN BY THE MAINSTREET」から続いていた男の子の成長物語にひとつの区切りを付けました。
また、それまで見ることのできなかった類の苦悩が生まれたのも、実にこの時期のことです。

ちょうど「J.Boy」の発売と前後して、浜田省吾は実父が亡くしていますが、このことが彼の中に大きな変化をもたらしたといわれています。
「FATHER'S SON」の意味は、もちろん「父の息子」ですが、浜田省吾はこの言葉の中にもっと社会的な意味合いを込めました。
昭和27年に生まれて、ロックンロールを追い続けてきた自分の存在は何なんだろう?という、彼自身のアイデンティティを探す旅は、実に「J.Boy」以来ずっと続いていました。
そして、彼がたどり着いた場所が、この「FATHER'S SON」だったのです。
彼が出した結論とは、自分たちは日本がアメリカに強姦されて生まれた私生児のような存在であるというものでした。
それは、戦後の日本がアメリカに文化的な侵略を受けたことを比喩しています。
ただ、彼はアメリカによる侵略の上に成立していた文化の大きな影響を受けて育った世代であり、そうした文化を否定することは自分自身を否定することにも繋がりかねません。
結果として、彼は「私生児」ととらえることによって、自分の存在を認めようとしたのです。
アルバムジャケットのギターを持った写真はブルース・スプリングスティーンの真似をしている悲しい日本のロックンローラー(ライク・アメリカン・ボーイ)というコンセプトによって構成されているものだとか。



01 Blood Line
02 Rising Sun
03 Darkness In The Heart
04 What's The Matter, Baby?
05 A Long GoodBye
06 I Don't Like "Friday"
07 Breathless Love
08 New Year's Eve
09 River Of Tears
10 Theme Of Father's Son

見事に英語のタイトルばかりが並んでいます。
そういう時代だったんですね、この1980年代後半というのは。
また、浜田省吾が特に「ライク・アメリカン」を意識していたせでもあるかもしれません。

シングルカットは「Breathless Love / Blood Line」1曲のみでした。

1曲目「BLOOD LINE」は、アルバム「DOWN BY THE MAINSTREET」の1曲目だった「MONEY」と同じようにマイナーコードのハードロックで、強烈な印象でアルバム全体を引っ張っていく効果をもたらしていますが、さすがに「MONEY」の印象が強すぎたこともあるのか、これ以降こうした手法を取ることはなくなりました。
この後、2曲目、3曲目とヘヴィでシリアスなテーマの曲が続きます。
当時は、A面のシリアスさに比べて、B面のまとまりのなさがとても気になった記憶があります。
コンセプト・アルバムとして考えると、どうしてもBサイドにテーマとの関連性が薄かったというのが、その理由だと思います。
最後に「Theme Of Father's Son」を収録して、全体としてうまくまとめた格好にはなっているのですが。

自分自身の存在について考えたい人にお勧めです。
| 全アルバムレビュー(オリジナル) | 20:07 | - | trackbacks(0) |
誰がために鐘は鳴る


浜田省吾1990年発表のアルバム「誰がために鐘は鳴る」です。
この後、「その永遠の一秒に(1993年)」「青空の扉(1996年)」と続く3部作の最初の作品となりました。
浜田省吾のアルバムを体系的に理解するには、3部作という考え方が便利なのですが、「DOWN BY THE MAINSTREET(1984年)」「J.Boy(1986年)」「FATHER'S SON(1990年)」と続いた3部作で、一人の男性の成長を追いかけながら、日本という国のアイデンティティに踏み込んだ彼は、次のテーマとして「人間とはなんぞや?」という哲学的な分野のテーマを選ぶことになります。

「誰がために鐘は鳴る」というタイトルは16世紀イギリスの詩人ジョン・ダンの詩の一節に由来します。
「誰がために鐘は鳴るやと、そは汝がために鳴るなれば」という名文句は、20世紀のアメリカでヘミングウェイの同名小説の題名としても引用されました。
鐘は誰かのために鳴っているんじゃない、お前のために鳴っているんだというこの言葉は、浜田省吾のスタイルが個としての自分自身に戻ってきていることを暗示しています。

01 MY OLD 50'S GUITAR
02 BASEBALL KID'S ROCK
03 少年の心
04 青の時間
05 サイドシートの影
06 恋は賭け事
07 夜は優し
08 SAME OLD ROCK'N' ROLL
09 太陽の下へ
10 詩人の鐘
11 夏の終り

さて、テーマもさることながら、ひとつひとつの曲の完成度の高さにも、当時の浜田省吾のプライドがうかがえるかのようなラインアップです。

このアルバムから、シングルとして発表された曲はありませんでした。
ただし、1999年になって「詩人の鐘」のリメイクバージョンがシングルとして発売されています。

それまでの浜田省吾のイメージでもあった疾走するかのごとく弾けるような曲はありません。
全体にゆったりと確かな落ち着きを持った楽曲が並んでいます。
「MY OLD 50'S GUITAR」はマイナーコードのブルース・ソングで、これまでの浜省作品とはニュアンスの異なった作品に仕上がっています。
あれ、なんか大人っぽくなっちゃったなーという印象。
でも、前作までの作品に比べて、サウンド的には原点に帰ったというか、オーソドックスなロック・サウンドになっていたのは嬉しかったですね。

浜省らしいロックンロールとしては「詩人の鐘」。
浜省らしいポップ・ミュージックとしては「BASEBALL KID'S ROCK」「恋は賭け事」「SAME OLD ROCK'N' ROLL」。
浜省らしいバラードソングとしては「少年の心」「青の時間」「サイドシートの影」。
浜省らしいウエスト・コースト・サウンドとして「太陽の下へ」と「夏の終り」。

アルバムの中では「夏の終り」の秀逸さが目立ちます。
1曲目の「MY OLD 50'S GUITAR」で生きることのツラさを感じながら前へ進もうとしている主人公を歌い、アルバム最後の「夏の終り」ではすべてを投げ捨ててもう終わろうと感じている主人公を歌う。
けれども、きっと主人公は再びギターを手にして、もう一度やってみようと考えることでしょう。
このアルバムはそのようにして一人の男が生きていく中で彷徨うメビウスの輪をイメージさせます。
浜田省吾本人が言っているように、アルバム全体に漂っているのは「救済」。
鐘は誰かのために鳴っているんじゃない、お前のために鳴っているんだという言葉を、浜省はまさしく自分自身のことのように感じていたのかもしれません。
秋の夜にじっくり聴きたい大人のアルバムです。
オススメ♪

| 全アルバムレビュー(オリジナル) | 19:48 | - | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>