CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< さよならの前に | main | 丘の上の愛 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
星の指輪
浜田省吾1993年発表のアルバム「その永遠の一秒に」収録曲です。
「片想い」や「もうひとつの土曜日」と並んで、浜田省吾バラードの中でも特に人気の高い曲です。
テーマは「夫婦の愛」。
普通、ラブソングって言うと、結婚するまでの過程を歌うって思われているのですが、この曲では結婚してからも僕たちは恋人同士なんだっていう愛情が伝わってきます。
40代になった浜田省吾の恋愛観のひとつの象徴なのかもしれません。
結婚していても、不倫じゃなくても、恋愛はできるんだぜっていうメッセージ。

ほら 誰もが振り返るよ 君のことを
今も変わらず 俺 君に恋している
一番きれいな君を知っているから…
夫が妻にコクってるというシチュエーション。
日本のロックで、こういう歌を作った人ってあまりいないのではないでしょうか。
でも、考えてみると、夫婦愛っていうのは文学や映画でも重要なテーマのひとつになっているわけで、音楽の世界の題材となっても不思議ではないんですよね。
ようやく、こういう歌を歌える世代が登場したというか、日本のミュージックシーンが一皮剥けたというか、そんな気がします。

若い頃の計画(ゆめ)なんて もう思い出せない
忙しいだけの仕事に追われているうちに
時には貧しさの中 夢見る心 捨てたけど
君がいなきゃ たとえすべて手にしても
うつろで孤独な日々が続くだけさ
一番 大事なもの 気づいたから
この辺りの歌詞は、とてもセンチメンタルで浜田省吾大先生らしい部分なのですが、「若い頃の計画なんて、もう思い出せない」とか「夢見る心 捨てたけど」というフレーズは、ちょっとノスタルジックに過ぎる感じを受けました。
若い頃の夢を思い出せない必要はないし、夢見る心を捨てる必要もないわけで、40歳になったからもう夢なんて見ないよっていうのは、ちょっと違うんじゃないの?っていう感じで。
もちろん、このフレーズの持つ意味は、「他のどんな夢よりも君が大切なんだ」っていうメッセージにあるわけなんですが、例えば、好きな女の子と一緒に暮らすという夢があったりするわけで、わざわざ結婚生活の中から「夢」を省かなくても良いのに、という気持ちはありますね。
あるいは、ただ単純に当時の浜田省吾の気持ちが表現されているだけなのかもしれないですが、感情移入という意味では共感しにくいフレーズでした。

昔の話ですが、「いちご白書をもう一度」というフォークソングが流行った時、「就職が決まって髪を切ってきたときに、もう若くないさと、君に言い訳したね」というフレーズがセンチメンタル過ぎるということで賛否両論がありました。
何かを捨て去るっていうのは、やっぱりとても重い行為だと思われるわけで、そう意味で「若い頃の計画なんて もう思い出せない」っていうフレーズを聴いたときには、さすがに浜田省吾もそう言うのかい?って思っちゃったんですよね。
まあ、それさえもかなり昔の話になるわけなんですが(笑)

全然歌とは関係ない話なんですが、ライブの会場では女の子達がこの曲に合わせて頭上で手を左右に振るんですよね。
なんだかアイドルとか演歌のコンサート会場に来ているみたいです(笑)
日本のロックでは浜田省吾が始めてなんじゃないでしょうか(あまり女性の多いライブに行ったことがないので)。
浜省がロックとアイドルの微妙な位置にいるんだってことを、イヤでも実感させられます☆

でも、サウンド的にもメロディ的にもとても良い曲なので、ずっと大切にしていきたい曲ですね。
| 全曲レビュー(19-その永遠の一秒に) | 22:05 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/171
トラックバック