CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 僕と彼女と週末に | main | BIG BOY BLUSE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
からっ風のララバイ
浜田省吾1978年発表のアルバム「イルミネーション」収録曲です。
ポップス・シンガーとしての浜田省吾の魅力が発揮された名曲だと思われますが、評価としてはいまひとつといった印象があります。
テーマは「孤独な男の子」。
日常生活に満足できない男の子が、ディスコに通いながら空しい気持ちを抱えて込んでいる、そんな歌です。

髪に櫛をいれて お気に入りのスニーカー
流行のステップおぼえて 車に滑り込む
誰も愛さず 愛を求め 夜をさまよい
グラスかかえて ひとり退屈してる
今日もまた風が吹いてる きらめるネオンの街に
今日もまた風が吹いてる 乾いた夜の舗道に


「からっ風」は主人公の孤独や虚しさを投影した存在なのでしょう。
バッチリ決めてディスコに出かけて女の子との出会いを探し求めますが、そこで彼は決して何かに満たされているわけではありません。

ミラーボールの中 踊るよ 酔いしれて
でも明け方の街角で またいつものため息
君は君のスポットライト 探しもせずに
頬づえついて 夜毎ヒーローを夢見る


2番でも、主人公は同じように憂鬱な気持ちを抱えて、ディスコ帰りに孤独と向き合っています。
BOROが「♪踊り疲れたディスコの帰り、これで青春も終わりかなとつぶやいて〜」と歌っているように、ディスコ帰りというのは「祭りのあと」に通じる寂しさの中で、妙に内省的になってしまう瞬間なのかもしれません。

おそらく、この冴えない主人公は、当時の浜田省吾その人でしょう。
レコードを出しても結果が出ないミュージシャン生活の中で、彼は毎日のように孤独や虚無感と向き合っていたはずです。
「君のスポットライト探しもせずに」は、音楽界の中にあって自己の居場所=存在意義を見出すことのできない苛立ちを感じさせます。
「夜毎ヒーローを夢見る」にも同じような気持ちを読み取ることができます。
音楽で食べていくことができるかどうかわからないミュージシャンの気持ちが反映された歌というべきなのかもしれません。

もっとも、歌詞がヘヴィなのにサウンドがポップなのは、浜田省吾お得意の手法。
ノリの良いロックンロール・サウンドで、間奏のダンサブルなサックスも有効に聴かせています。
「さよならの前に」や「演奏旅行」に通じるものがあるような気がしますね。
ただ、そちらが光の部分を歌っているとしたら、こちらは影の部分を歌っているというか。

個人的にはこの頃のもどかしい男の子を歌った浜田省吾先生が大好きではあります☆
| 全曲レビュー(3-イルミネーション) | 22:32 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/186
トラックバック