CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 恋の西武新宿線 | main | 夏の終り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あの頃の僕
浜田省吾1978年発表のシングル「涙あふれて」のB面として収録された曲です。
オリジナル・アルバム未収録曲でしたが、1997年企画盤「初夏の頃」でリメイクされて収録されました。
ここでは古いシングルバージョンのお話です。
テーマは「あの頃の僕」。そのまんまですね(笑)
もちろん歌っている主人公(=浜田省吾)も若者なんですが、その若者が少し前の自分を思いだして回想している、そんな歌です。

あの頃の僕といえば
両手にあふれるほどの悲しみをもてあまして
一人 朝まで踊ってた
あの頃の僕といえば 錆びついたバイクの上で
すれ違う少女みんなに 一人勝手に恋してた
とにかく何もかもがうまくいかなくて、満足感や達成感を手にすることのできない若者の焦りが全体にあふれています。
「両手に溢れるほどの悲しみ」という表現は、過去の自分を冷静に見つめることができるからこその表現で、リアルな悲しみの中にいては、おそらく歌うことの難しい感情だったのではないでしょうか。
そういう意味では、この歌は「あの頃の僕」よりも今の僕は成長しているという成長物語と考えることもできるわけです。

「すれ違う少女みんなに 一人勝手に恋してた」も、覚えのある男性には切ないフレーズなのでは。
恋愛関係で満たされていない男性にとって、こういう状況というのはツライものがあります。
「少女みんなに恋してた」ということは、本当に好きな女の子が見つからない状況を意味しています。
そういう状況の中で、男の子は"これから好きになるべく女の子"を、常に探し続けているものです。
"恋をしたい"という欲求が強いほどに、擬似恋愛感情は強くなります。
つまり、日常生活が充足されていないことを推測させるに、とても効果的なフレーズだということなんでしょうね。

あの頃の僕といえば 悲しみの理由など知らず
何もかもに噛みついては 歌ってた
主人公の最も歌いたい言葉が、やっぱりこの部分なんでしょうね。
「悲しみの理由」は、もちろん主人公でなければわかりません。
けれども、僕たちオーディエンスはこの「悲しみの理由」が、音楽で成功することのできない若者の姿と重ね合わせて推測することはできます。
音楽で成功したい、それも"ビートルズ"のように新しい時代を築くムーブメントを起こしたいと考えていた若者にとって、現実の業界は想像以上に厳しい世界だったに違いありません。

この歌は、やがて成功するだろう若者が"両手に溢れるほどの悲しみをもてあましていた"時期の、大切な記録として、僕は非常に重要な作品だと理解しています。
| 全曲レビュー(☆シングル☆) | 20:15 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/191
トラックバック