CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 真夏の路上 | main | 路地裏の少年という曲のため >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
恋は魔法さ


浜田省吾1995年に発表されたシングル「我が心のマリア」のカップリング曲です。
アルバムでは翌1996年「青空の扉」に収録されました(アレンジは別バージョン)。

この曲は浜田省吾のソロではなく、「浜田省吾 with THE R&S INSPIRATIONS」としてクレジットされています。
「THE R&S INSPIRATIONS」とは浜田省吾のオフィスである「ロード&スカイ」所属メンバーによって構成されたグループで、ORIGA、区麗情、スピッツ、町支寛二、梁邦彦という顔ぶれです。
さすがにスピッツが一番売れ筋という感じがしますね。

夜の海 見てたのさ ボンネット腰掛けて
六甲アイランドの埠頭に車停めてさ
振り向くとドアのところに彼女が立ってたのさ
「夜風が気持ちいいね。夜景が ほら きれいだね」
Magic in the summer night. 夢のようだった
誰だって恋に落ちるさ 見つめたら心高鳴った 
いつだって 恋は魔法さ
一目で恋したよ 神戸Girl
テーマは「恋の始まり」。
夜の海で出逢った女の子に恋をした男の子のピュアな気持ちがストレートに描かれています。
もっとも、ピュアなラブソングといっても、1970年代のようにジメジメしたリアリティを抱えたラブソングではなく、ある意味理想主義の上に立って恋愛を歌ったラブソングです。
"カリフォルニアの女の子はみんな素敵さ"と歌ったビーチボーイズに通じる、平和でほのぼのした世界がそこにはあります。

タイトルの「恋は魔法さ」は、ラヴィン・スプーンフルの「魔法を信じるかい?」を連想させます。
実際、サウンドはピュアなラブソングにふさわしいオーソドックスなオールディーズ・サウンド。
コーラスが楽しく、60年代のポップ・ミュージックの持つ魅力を美しく再現しています。
そういえば、50年代から60年代にかけてのポップ・ミュージックには脳天気なラブソングがたくさんありました。
ポップ・ミュージックはピュアなラブソングのために存在したと言ってもいいくらいです。
底抜けに明るくて楽しいメロディと、ピュアなラブストーリーが見事に組み合わされて、あのオールディーズは成立していたのですね。
そして、この「恋は魔法さ」は、タイトル、歌詞、サウンドのいずれにも、オールディーズの持つ軽快な魅力が溢れています。

この曲は、1995年に大きな被害をもたらした阪神淡路大震災の被害者救済を目的としたチャリティーCDでした。
もっとも、チャリティーであることの大きなプロモートは行われず、ただ売り上げを震災の復興のために寄付されることが、クレジットに小さく表記されているだけです。
チャリティに関しては、浜田省吾は「アフリカ・セッション」以来、相当のトラウマを抱えていると思われますが、それだけに彼のチャリティに対する取り組みには真摯なものが感じられます。
歌詞の中の「神戸Girl」や「神戸Boy」には、そうした震災被害者を勇気づけるメッセージが含まれているんですね。

もっとも、チャリティーであることを除いても、作品としての完成度はかなり高いものだと思います。
本来、浜田省吾の中に培われてきたアメリカン・ポップスやマージー・ビートへの憧憬が、この曲では見事に表現されているんですよね。
みういうピュアで前向きな音楽を、もっと聴きたいですね☆

| 全曲レビュー(21-青空の扉) | 20:29 | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:29 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/196
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/26 3:24 PM |