CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Midnight Flight-ひとりぼっちのクリスマスイブ- | main | 管理人の音楽生活 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SNOW ON THE ROOF-Just Like You And Me-
浜田省吾1985年発表のクリスマス・アルバム「CLUB SNOWBOUND」収録曲です。
当時、レコード盤ではB面の1曲目に収録され、クリスマス・パーティ気分を盛り上げるポップ・ナンバーでした。
テーマは「クリスマスの夫婦愛」。
子供たちを連れてスキー場に出かけた夫婦が、久しぶりにお互いの愛を確かめ合っている、そんな雰囲気のあふれる曲です。

子供達 騒ぎ疲れて 眠ったみたい
ロッジの夜は更けてく
Christmas Night,
I wanna dance with you tonight

何ひとつ 若い頃の夢 叶えられずに
時は過ぎたけど
Christmas Night,
You make me feel so good tonight

何もいらないんだぜ
高価なプレゼントなんて
君が おれにとって 最高の贈り物さ
この歌の最大の特徴は、やはりメイン・ボーカルをバンド・メンバーの町支さんが取っているということでしょう。
当時、浜田省吾は「バンド」としての存在感にこだわりを見せ、「CLUB SNOWBOUND」のアルバム・ジャケットにも「MEMBER'S ONLY」の表示があります。
おれたちバンド・メンバーだけで作ったんだぜ、という姿勢が、当時の浜田省吾の音楽に対するスタンスだったんでしょうね。
そう考えると、バンドメンバーだった町支さんがリードボーカルを担うというのも、全く不思議な話ではなかったのかもしれません。
あの頃としては、結構なサプライズだったような気がしますが。

主人公が、子供のお父さんになっているのは、これが初めてかもしれません(未確認ですが)。
当時、まだ子供のいなかった浜田省吾がこんな詩を書くんだ〜と驚いた記憶があります。
10代の若者だけではなく、ある程度成長した主人公像が浜田省吾の中にはあったんでしょうね。
その頃は、まだ「DOWN BY THE MAINSTREET」の余韻残る頃でしたから、「お父さん」を主人公にした曲は、特にギャップが大きかったのかもしれません。
「何一つ若い頃の夢 かなえられずに時は過ぎたけど」というフレーズは、後期の浜田省吾に通じるものを感じます。
「夢はかなわないもの」という一定の哲学が、浜田省吾の中では確立されつつあったのかもしれません。
もちろん、現実には「若い頃の夢」が何一つかなわないままという設定は一般的ではなく、センチメンタルに過ぎる文章だと僕は思います。
ただ、この設定がその後の妻に対する愛情表現へのひとつの布石として受け止めることができれば、それは単純に「夢の放棄」という状況設定にはならないのでしょうね。

「君がおれにとって最高の贈り物さ」は、現実世界ではなかなか言えない、いわゆる「浜省節」です(笑)
言っても言われてもびっくりしそう。

時には 傷つけ合って
心も遠く離れた
でも今夜 感謝したい
傍にずっと 居てくれたこと

窓の外 降りつもる雪を
このままずっと 寄り添い 見つめてたい
Christmas Night,
I love you more than ever tonight
「今夜 感謝したい」という部分が、おそらくこの曲のテーマ。
日常生活の中で伝えることのできない素直な気持ちを、あえてクリスマスの夜という舞台を利用して告白しているという感じなのかもしれませんね。

サウンド的には、洗練されたビートルズ・ナンバーみたいな感じでしょうか。
ストレートなポップミュージックで、BGMっぽいためか印象に残りにくいのも特徴かも。
逆にいうと、クリスマスのBGMとしては最適なポップ・ミュージックかもしれませんね。
| 全曲レビュー(13-CLUB SNOWBOUND) | 19:07 | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:07 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/204
トラックバック
彼の美声に浜省も拍手した。クリスマスソングを貴方に。
先日聴きに行ったライブハウスにひときわ大きな身体をしたまるで小錦かと思える青年がいた。その日は3人のミュージシャンがステージに立ち生ギター1本で5曲ずつ披露してくれた。その3人目が彼「海老沼努」君もちろんブログに掲載する事は承知済みである。アコーステ
| プールサイドの人魚姫 | 2005/12/25 3:40 PM |