CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 遠くへ-1973年・春・20才 | main | 勝利への道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
青春のヴィジョン
浜田省吾1979年発売のアルバム「君が人生の時…」収録曲です。
かなり壮大なタイトルなんですね、この曲。
「青春のヴィジョン」ですから。
ヴィジョンという言葉には「将来の見通し」という意味の他に、「幻想」とか「幻影」という意味があります。

何ひとつ守るべきものは無いと感じる
ひとりの凍えそうな夜には
見知らぬ町の夜景がひろがる
ホテルの開かぬ窓こわしたくなる
最初から押さえきれない苛立ちを全面に出しています。
浜田省吾のテーマのひとつと言ってもいい「青春の苛立ち」がここでもクローズアップされています。
「僕は苛立っているんだ」と言葉で説明するのではなく、「ホテルの窓をこわしたくなる」という気持ちを表現することで、主人公の持つ焦燥感を聴き手に伝えようとしています。
「何ひとつ守るべきものは無い」という気持ちや「ひとりの凍えそうな夜」「見知らぬ町の夜景」という表現にも、主人公の虚無感や孤独感を感じられて、つまり、この歌はかなり重たい設定で始まっているわけです。
「見知らぬ町のホテルに宿泊している」という状況設定は、ライブツアーで日本中を旅して回るライブ・ミュージシャンの生活を描いたものと思われます。

心の中に描いた僕の人生へのヴィジョン
片手でかばいながら 今日も
時には道化師 時には優しい男を演じる
まるでゲームのように
この歌で「ヴィジョン」という言葉が登場するのは、この場面だけです。
青春のヴィジョンではなく「人生へのヴィジョン」となっています。
道化師や優しい男を演じる主人公は、おそらくミュージシャンとして苦悩の時期に立つ男性の気持ちを代弁しているのかもしれません。
ただ、聴き手としてはこの歌を一般論としてとらえて、若い時代に陥りがちな苦悩として考えることも可能です。
僕の人生へのヴィジョンを片手でかばいながら生きているところに、主人公のささやかな誇りが見えます。
彼がかばっているものはおそらく彼自信のプライトであり、彼自身のアイデンティティなんですね。
たとえば、あるミュージシャンがいて、自分の歌いたい歌を歌うことができない、あるいは歌った歌がヒットしない、聴き手に伝わっていないとします。
周囲の人々は彼にいろいろなアドバイスをして、彼自身も様々な試行錯誤を繰り返します。
ラガーマンのスタイルで笑いながら写真を撮ったり、他人の書いた詞を歌ったりしたかもしれません。
歌いたくないものを歌うこともあったかもしれません。
もうそれは彼にとって「ゲーム」になってしまっているとしたら、きっと彼は苦悩しているのだと思います。
彼が思い描く「将来の見通し」というのは、もう「幻想」に過ぎないと、彼自身も理解し始めているかもしれません。

僕はどこへ行こうとしてたんだ
疲れ果てた でもまだ眠れない
もうこれ以上走れないよ
そう叫びながら走り続けてる
そして、最大のメッセージがサビの部分です。
もうこれ以上走れないと思いながらも走り続けている、これはまさしく当時の浜田省吾というミュージシャンの生き様ですよね。
あっち行ったりこっち行ったり、いろいろな試行錯誤に振り回されて、もうボロボロになって、「でもまだ眠れない」、眠れるわけがない、彼にとっては歌い続けることが人生だったわけですから。
「もうこれ以上走れないよ」と血反吐吐きながらそれでも叫んで、走り続ける主人公の姿には、一種の憐れみさえ感じさせます。
けれども、そこには同情だけでは終わらないエネルギーがあります。
4回戦ボクサーが殴られ続け、血だらけになりながらも、対戦相手に向かっていくあの姿ですね。
それは、もしかすると「敗者の美学」というべきものなのかもしれません。
けれども、負け続けた浜田省吾だからこそ得られた人生の真実みたいなものが、この歌には感じられます。
そして「敗者」としては終わらないという未来への希望、人生への執拗な執着が彼を走らせ続けたのかもしれませんね。

メロディはマイナー調の8ビート、浜省らしさが溢れています。
切なくて激しい、まさしく青春の苛立ちを音にしたようなメロディ。
浜田省吾はメジャーになっていったけれど、僕自身はまだあの頃の苛立ちの中から抜け出せていないような気がしています。

| 全曲レビュー(5-君が人生の時) | 19:31 | - | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 19:31 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/207
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/03/07 7:41 PM |