CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 青春のヴィジョン | main | マイホームタウン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勝利への道
浜田省吾1986年発表のアルバム「J.Boy」収録曲です。
メジャーコードの勢いのあるロックンロールで、ライブなんかでも人気のある曲ですね。

おれには車とギター
お前には火のような情熱
汗ばむ夏の舗道で出会った
火花散らして

死んだ様な町を拒み続け
まるでストレンジャー
いつもストレンジャー
誰からも受け入れられずに
かなり浜田省吾的なフレーズが満載です。
まず「おれには車とギター」というフレーズで、ワイルドな主人公の設定、そして「お前には火のような情熱」で、恋人への愛情を表現しています。
「夏の舗道」で出会ったというのも、かなり浜田省吾的状況設定ですね。
どんな出会いだったのか、具体的な描写が一切なく、ただそこが「夏の舗道」だったことが強調されているだけです。
『HOT SUMMER NIGHT』の男性と女性も、こんな感じで火花散らしていたような気がします。
2人は自分が暮らす町を「死んだ町」と表現し、そこに生きる自分たちは「まるでストレンジャー」だと言っています。
しかし、その理由はやはり明確には語られていません。
ただ、「誰からも受け入れられない」現実だけが綴られているだけです。
見知らぬ町で感じた孤独感を旅人同士が埋めるような感情で、2人は生きていたとも思われます。

親父は16才の時から 町はずれの工場で
背中痛めながら 働き続けてきた
繰り返す口ぐせはいつも
おれの様な おれの様な人生を お前は選ぶな
2番に入って、歌詞は突然に社会的なメッセージを抱えた雰囲気を表します。
なぜか唐突に登場する主人公の父親は工場労働者であり、しかも自分の人生に満たされることのないものを感じ続けています。
だから、息子に繰り返す言葉は「おれの様な人生をお前は選ぶな」というものでした。
もちろん、その言葉を聞いて育った息子=主人公の中には、社会に対するなにがしかの不満や怒りが充満していたことと推測されます。
背中を痛めるくらいに働いた父親が勝ち組として残れなかったという現実を見て、主人公はそういう矛盾を内包した社会との対決姿勢を鮮明にしていきます。
ここで1番の歌詞の意味が少しずつわかってきます。
不遇な父親を産んだ社会に対する怒りが、主人公の「町を拒み続ける」生き方となり、「いつもストレンジャー」と感じさせる要因となっていたわけです。
「町」とは父親が成功することのなかった「社会」のことであり、そんな社会=町を主人公は受け入れることができなかったのでしょう。

あきらめていた 二人出逢うまでは
明日への 明日へのドア 
どこにも見つけ出せないで
髪をほどいて 今夜むかえてくれ
投げ出した計画(ゆめ)を もう一度集めて
髪をほどいて 今夜むかえてくれ
勝利への道を おれと走ってくれ
そして、最後に主人公の答えが提示されています。
社会に対して無力感を感じていた主人公は「火のような情熱」を持った女の子と出逢うことによって、もう一度、社会に挑戦しようと決意します。
社会に対する挑戦の方法はたくさんあるでしょう。
それはロックミュージシャンになってビッグヒットを飛ばし、ヒットチャートを独占することかもしれないし、もっと違うことなのかもしれません。
とにかく、主人公はこの「死んだ様な町」で勝ち組として生き残るために、「投げ出した計画をもう一度集めて」「勝利への道」を走ろうと決意したわけです。
そして、彼にそんな決断をさせたのは、もちろん「夏の舗道」で出逢った彼女だったに違いありません。
だから、そういう意味ではこの曲はすごいラブソングになっていると言えるわけです。

こうして社会に対して挑戦していく男性の姿は、かつて浜省が歌い続けていた少年達の面影を感じさせます。
たとえば、「MY HOME TOWN」で町に失望した男の子が成長した姿、「MONEY」で金に狂わされた男の子が成長した姿、そういうものがこの曲で描かれているような気もするのです。
「もうこんな町、出ていってやるぜ」と感じていた少年達が、この町の中で生き残ろうと決意する、そんなイメージです。
とすると、浜田省吾の描く男性像は、この頃ずいぶん力強くなっていたのかもしれません。
タフでクールでワイルドな男性像が生まれたのは、おそらくこの頃からだと思われるのです。

英語タイトルは「THE LAST CHANCE」、最後のチャンスという言葉にこそ、浜田省吾がこの曲を書いたときの本当の気持ちだったのかもしれませんね。

| 全曲レビュー(12-J.BOY) | 19:40 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:40 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/208
トラックバック