CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< マイホームタウン | main | 演奏旅行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モダンガール
浜田省吾1981年発表のアルバム「愛の世代の前に」収録曲です。
アルバム1曲目の「愛の世代の前が」が激しさを残して終わると、その余韻の中、静かにモータウンっぽいピアノの音が入ります。
当時からとても人気のあった曲で、本人もお気に入りと見えてリメイク版も発表されていますね。

昨夜 俺のベッドを抜け出しソファーで
ぼんやり窓の外を見てたね ラジオ消して
"気にしないで" 化粧直し出ていく君
Modern Girl 寂しさがとごからくるのか
Modern Girl 理解るまでさまようつもりなの
まだ子供だった僕にとって、この曲はとても大人の雰囲気を漂わせた曲でした。
特に、女の子がベッドを抜け出して出ていくというシチュエーションは、かなりヤバいシチュエーションだったように思います。
後に、「DOWN BY THE MAINSTREET」に収録された『SILENCE』でも、「彼女はそっとベッドを抜け出し MAKE UP DRESS UP ため息ついて」というフレーズがあり、浜田省吾の中では女性が男性のベッドを抜け出していくという状況設定が定番化している印象がありますね。
彼女が部屋を出ていくときにつぶやいた「気にしないで」という言葉は、何を意味しているのでしょうか。
このあたりの解釈はかなり様々な憶測を呼ぶわけですが、「ぼんやりと窓の外を見ていた姿を見られたこと」に対する言い訳だったと考えるのが、もっともストレートな解釈のような気がします。
もしかすると、ぼんやりと窓の外を見ていた彼女に気が付いて、主人公は「どうかしたの?」と訊ねたのかもしれません。
「ううん、なんでもないの」と言いながら、彼女は着替えを済ませ、化粧を直して部屋を出ていったのかもしれません。
部屋を出るときに、本当になんでもなさそうに「気にしないでね」という言葉を残して。
このあたりの歌詞の作り方はドラマ性に富んでいて、この時期の浜田省吾の作品作りに対する姿勢をうかがわせます。

"友達と一緒なの 今夜は逢えないわ"
受話器越しに聞こえる口笛 シャワーの音
明け方に電話しても出てこない
Modern Girl 傷跡の残らない夜は
Modern Girl 君の背中 爪痕を残すだけ
主人公の恋人は、とても浮気な女性です。
友達と一緒にいるから、今夜は逢えないわと電話で話す彼女の声の向こう側からは、口笛を吹きながらシャワーを浴びている男の存在が感じられます。
シヤワーの男性も、かなりゴキゲンの様子ですね。
もちろん、懐疑的になった主人公の気持ちはボロボロで、眠られぬ夜を過ごした彼は、明け方に彼女の部屋へ電話してしまいます。
しかし、きっと男と一緒に寝ているだろう彼女が、電話に出てくることはありません。

モダンガールとは、きっと男と男の間を飛び回っている「翔んでる女」のことを意味していたのかもしれません。
そんな彼女に振り回されながら、彼女と別れることもできない主人公の弱さは、浜田省吾の歌の原点になっている部分でもあります。
彼女がそんな「軽い女性」であることを知っていながら、彼女の中に潜む悩みや苦しみを感じ取ることで、彼は彼女とのバランスを取っているのかもしれません。
「傷跡」とは、彼の心に残る傷跡だったかもしれません。
あるいは、過去に負い目を持つ彼女の傷跡だったかもしれません。
自分の傷跡を忘れようとする彼女は、背中に爪痕を残すこと(=男性とセックスすること?)で、現実から逃避しようともがいていたのでしょうか。

女性に振り回される浜省的ラブソングは、僕の中ではひとつのフェバリット・スタイルで、それはタフでクールな男性像よりもずっとリアルで親近感を持たせてくれます(←自分が情けない男ということか(^^;)

また、この歌のサウンドは、僕にリズム&ブルースの楽しさを教えてくれたものでもありました。
浜田省吾といえば、ビートルズ・サウンドと同じくらいに、1970年代のモータウンを意識したサウンド作りが特徴ですが、ロックンロール一辺倒だった僕がR&Bに触れるきっかけとなったのは、やはり浜田省吾だったのです。
※RCサクセションのR&Bサウンドにも大きな影響を受けましたが。

なお、リメイク版は『君に捧げるlove song』のカップリングとして発表されたもので、ライブツアー「ON THE ROAD 2001」でのアレンジが好評だったことを受けて、2003年に発売されたもの。
サウンド的には別の曲としてとらえるべきで、僕個人としてはやはりオリジナル・バージョンでのライブを聴きたいです☆

| 全曲レビュー(7-愛の世代の前に) | 22:33 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/210
トラックバック