CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 浜田省吾はアイドルなのか? | main | ON THE ROAD "FILMS" >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モノクロームの虹
浜田省吾2001年発表のアルバム「SAVE OUR SHIP」収録曲です。
というよりも、1998年に発表されたシングル曲が、2001年になってアルバム収録されたと言った方が正確かもしれません。
1990年代後半に発表されたシングル曲としては、多分一番好きな曲だと思います。
というのも、1990年代後期というのは、1980年代から1990年代にかけての成功を得た浜田省吾が、深い泥沼にはまったかのように迷走していた時期であり、個人的にも自分の波長と浜省の波長がなかなか一致しなかった時期でもあるのです。
それだけに、この「モノクロームの虹」を聴いたときには、懐かしい浜田省吾に久しぶりに逢えたなーと、しみじみと感じたものでした。
と言って、なにかメッセージが伝わってくるという曲でもなくて、とにかくマイナーコードのハードなビートに、浜田省吾らしさを感じていたに過ぎないのですが、「東京」「愛の世代の前に」「オン・ザ・ロード」「マイ・ホーム・タウン」などといった一連の作品と同じ匂いがしていたことには間違いありません。
特に、イントロのギターフレーズは近年の作品の中でも秀逸なアレンジだったと思います。
ワイパーも歪む程の雨
青ざめた光の闇に迷い込んで
スピンした車体が 中央分離帯のガードレールかすめてゆく
まるでスローモーション 動かない心
こんな夜には逢いたい 君に抱かれ眠りたい
どんな未来も受け入れる 君がそこにいれば

一般的に、メッセージ・ソングを歌うとされている浜省の作品から、うまくメッセージを読みとれないというのは、かなり珍しいことです。
(僕と浜省の波長が一致しなかっただけなのかもしれませんが)
メロディやフレーズはガンガン頭の中に飛び込んでくるのに、いったい何を歌いたいのかが、なかなかうまく伝わってきませんでした。
もちろん、こうして歌詞カードを見て、歌詞を読めば、作品の意図というのは大体つかめるものです。
けれども、ロック・ミュージックである以上、音楽の中から何かが伝わってこなければ、歌詞カードの中のメッセージは、あまり意味のあるものではないと思えるのです。
(実際、多くの浜省の作品からは、音楽を通してメッセージが伝わってきた)
そもそも、僕はほとんど歌詞カードを見ないタイプのリスナーなので、それだけに音楽から伝わってくる感覚みたいなものを重視してしまうのかもしれません。

歌のテーマは、「孤独」です。
全体的にラブ・ソングとして作られているのですが、そのラブ・ソングの根底には「孤独からの逃避」があると考えるべきでしょう。
前半の、雨の中でスピンして衝突事故を起こしそうになるという描写は、主人公の心理描写であり、パニックに近い戸惑いや焦りが伝わってきます。
「こんな夜」というのは、雨の夜とか交通事故を起こしそうになる夜という意味ではなく、もちろん、孤独感に責め立てられるような寂しい夜という意味でしょう。
「君に逢いたい」は、単純に愛情を示すだけではなく、強い逃避感情であると推測されます。
それは、次の「君に抱かれ眠りたい」というフレーズからも分かりますが、「君を抱きたい」ではなく、「君に抱かれたい」というのが、主人公の逼迫した感情を表しているものと思われます。
「どんな未来も受け入れる」は、かなり意味深な表現で、解釈の困難さを感じさせます。
「君がそばにいる」ことによって、いったいどんな未来が予測されるのか?
主人公の「覚悟」は、二人の関係にかなり危険な匂いを感じさせる効果を与えていると言えるでしょう。
モノクロームの虹のような夢に傷つき 壊れた心を見てきた
再生と死を繰り返し転がるよ 終りが辿り着くところへ
解放への幻想 胸に抱いて

もう風の声も 世界が軋む音も
刹那の河深くに沈めて 今日を生きる

2番以降の歌詞は、ますます観念的で哲学的な表現が多用され、いよいよ解釈を困難にしていきます(笑)
「モノクロームのような虹」とは何か?
文章中の別の言葉で表現しなさい。
そんな問題が出てきそうですね。
答えは「幻想」です。
もともと、浜田省吾は若い頃から「夢」にこだわりを持って歌ってきたミュージシャンでしたが、1990年代の中期以降、「夢」に対して懐疑的な姿勢が目立つようになります。
それは、作者自身の加齢による影響ということも否定できないかもしれません。
かつての「夢」が「幻想」となり、それは「モノクロームのような虹」だと表現される。
夢と挫折を繰り返すような生き方は、まるで「再生と死を繰り返しながら転がっているみたいだ」と、作者は感じたのでしょう。
そして、その先には「終りが辿り着くところ」が待っているのだと、作者は客観視しています。
それは、1番の中で、パニック状態にあった人物と同一人物の思考とは思えないほど冷静であり、あるいは焦りが飽和して虚脱状態の中にいるかのような静けささえ感じさせます。
「風の声」と「世界が軋む音」とは、何を意味するものでしょうか。
それは、虚脱状態の中にあった主人公が感じた、「すべて」なのでしょう。
あるいは、我々はこの歌をもっと政治的・社会的にとらえて解釈することもできるかもしれません。
これは、個人としての歌なのではなく、国家としての歌なのだと。
けれども、僕はやはりこの歌を、個人としての歌として考えたいと思います。
そこに、社会的な暗喩(あるいはダブル・ミーニング)が秘められていたとしても、この歌が持つ「孤独」への恐怖感は決して失われるものではないと思えるからです。
あたかも悟りを得たかのように、主人公は「今日を生きる」ことを決意します。
それは、自動車をぶっ飛ばしていた導入部分から、冷静に「モノクロームの虹」を見つめる部分を通して、最終部分の「今日を生きる」へと繋がっていく、一連のドラマのように構成されているのです。

全体を通して考えてみると、やはりこの作品は音楽的にも、そして文学的にも優れたセンスを感じさせる素晴らしい作品のひとつだと思われます。
ただし、表現力が困難になっている分だけ、ロック・ミュージックとしては伝えられるべきメッセージが少し薄まってしまったような気がします。
メッセージを全面に押し出すことができるフォーク・ミュージックとの違いが、そこにはあるのかもしれません。

でも、浜省がこういう作品を「まだ」作れるんだと思ったときには、本当に嬉しかったですねー。
また、こういう作品に出会うことができたらいいなー☆

| 全曲レビュー(24-SAVE OUR SHIP) | 22:54 | - | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://shogo21.jugem.jp/trackback/221
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/28 11:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/28 11:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/29 12:35 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/08/14 1:16 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/13 6:07 AM |