CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 想い出のファイヤー・ストーム | main | DJお願い! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
メインストリート
浜田省吾1985年発表のアルバム「Down By The Mainstreet」収録曲です。
浜田省吾の場合、アルバムの最初か最後に主要なテーマの作品を配置することが多いのですが、このアルバムの場合、最後に収録されている本作品がアルバムテーマ曲となっています。
アルバム全体に一貫して漂っている「10代最後のメッセージ」みたいなものが、この曲にもみなぎっています。

走ることの他に この街 何ができる
踊ることの他に 今夜 何ができる
Woo Baby woo Sha la la la one more kiss.
Woo Baby woo one more chance.
We're goin' down,down by the mainstreet
栄光の時を待ちわびて
Goin' down 暗闇の中を 今夜二人走るだけ

「MONEY」や「DADDY'S TOWN」同様に、街を舞台に生きる少年としての立場からのメッセージが、ただ叩きつけられています。
ストーリー性もドラマ性も何もない、ただのメッセージ。
これは、浜田省吾作品としては、かなり稀な作品構成なのではないでしょうか。

短い歌詞の約半分を英語フレーズが占めていることも特徴で、その英語フレーズも大部分がハミングになっているので、歌詞としてのメッセージ性はほとんど有していません。
結局、残る日本語フレーズの部分に、作品のテーマが集中する密度の濃い状態となっているわけで、「走る」「踊る」「今夜」みたいなキーワードだけが印象的な作品となっているのです。

アルバムテーマ曲の割には、あまり印象の残らない曲となってしまったのは、メッセージ性の強い歌詞が特徴である浜田省吾作品としては、極端に言って物足りなかったということなのかもしれません。

もう何も言わないよ
言えばこの町のことやみんなのことをきっと恋しく思うから
Woo Baby woo Sha la la la one more song.
Woo Baby woo one more dance.
We're dancin',dancin' on the mainstreet.
至上の愛を待ち焦がれ
Dancin' 街燈の下で 今夜二人踊るだけ

2番も同様の構成でフレーズが続きます。
ただし、「もう何も言わないよ 言えばこの町のことやみんなのことをきっと恋しく思うから」のようなフレーズには、さすがに浜田省吾らしい繊細な感情が表現されており、そういう意味では少しもったいないような気もしますね。

一方で、「街燈の下で踊るだけ」のように、リアリティとしてどうなんだろうかと思われる部分もあり、歌詞よりもサウンドを重視した作りになっているようです。

「栄光の時」とか「至上の愛」みたいな表現に、この曲にかける意気込みの片鱗のようなものがうかがえるのですが、浜田省吾がもっとも得意とする物語性を欠いているところに、この作品の評価が分かれてしまうのかもしれません。
ただし、こうした空想的な場面設定も、また浜田省吾らしいものであったことは確か。
勢いで走っているような、そんな時代の曲だったのかもしれませんね。


| 全曲レビュー(11-DOWN BY THE MAINSTREET) | 23:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:08 | - | - |