CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
浜田省吾を聴いてみたい方に
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
RISING SUN-風の勲章
1988年発表のアルバム「Father's Son」収録曲「RISING SUN-風の勲章」です。
このアルバムのコンセプト自体が、日本の戦後を問う重いものでしたが、そうしたコンセプトを象徴する作品となっています。
直接的で強いメッセージは、当時の日本社会を斬るものとして、話題性の強い一曲だったように思います。

テーマは、ずばり「日本の戦後」。
いくら社会派メッセージソングの浜田省吾といっても、当時の日本のメジャーなロックシーンの中で、この曲は極めてヘヴィでシリアスな主題を正面から扱っていました。

焼跡の灰の中から強く高く飛び立った
落ちてゆく夕日めがけ
西の空を見上げて飢えを枕に 敗北を発条(バネ)に
風向きを道しるべに駆け抜けて来た
過ぎ去った昔の事と 子供達に何ひとつ伝えずに
この国 何を学んできたのだろう

ファースト・ブロックのフレーズは、詩としての完成度が非常に高いものとなっていて、この印象的な部分を強く記憶している方は、きっと多いことだろうと思われます。
特に、「焼跡の灰の中から」という出だしは、東京や広島、長崎といった大規模な被害を受けた敗戦後の都市を想像させるに、十分な説得力を持っています。
そして、飢えや敗北といった事象が、戦後の日本人を強く奮い立たせ、高度経済成長を遂げたことを示す一方で、「戦争」についての記憶が薄れていこうとしている日本社会に対する強い苛立ちを表しています。

印象としては、敗戦の焼け跡の中から立ち上がってきた強い日本人をイメージさせていますが、実際のテーマは、もちろん後段部分の「子供達に何ひとつ伝えず」というフレーズに集約されているわけです。

飽和した都会 集う家は遠く
ブラウン管の前でしか笑わぬ子供
老いてゆく 孤独の影に脅え 明日に目を伏せて
踊るだけ Beatに委ね バリーライトの海で
何を支えに 何を誇りに走り続けて行こう
You jusr believe in money.
 
実は、ファーストブロックの歌詞に比べると、セカンドブロックの歌詞は、かなり荒削りな仕上がりになっています。
(1988年当時の)現代社会を端的な言葉で表現しようとしているのですが、それがうまく全体の流れに乗っていない、どちらかというと作為的な作者の意図が強く全面に出る形となっていますが、これが作者の意図するものだったのかどうかは不明です。
また、描かれている現代社会が、どちらかといえばステレオタイプな現代日本であることも、全体の歌詞の中で違和感を覚えさせていることも、やはり確かでしょう。

「ブラウン管の前でしか笑わぬ子供」や「踊るだけ Beatに委ね」といったあたりのフレーズが、表現的にあまり浜省的な昇華をされていないといったことも、違和感の理由かもしれません。
まあ、このあたりは個人的な好みの問題もあるわけなんですが。
 
全体的な構成としては、ファーストブロックで戦後を提示し、セカンドブロックで現代社会を提示する。
対照的な社会を並列することにより、そのコントラストを強く打ち出して、現代社会に対する批判を一層強いものへとしています。
そして、その中途半端な現代社会を築いた原因は、戦後から現代まで続く歴史の中に積み重ねられていると、浜田省吾は分析しているのです。

焼跡の灰の中から 強く高く飛び立った1945年
打ちのめされ 砕けた心のまま
1945年 焼跡から遠く飛び立った 今
 
最後のブロックは、どちらかといえば理屈的であったそれまでのフレーズとは変わって、感傷的な表現によるものとなっています。
「焼跡から遠く飛び立った 今」で終わる最後のフレーズは、その後に続くべきはずのフレーズが省略された形となっており、それが作品全体の余韻を生み出す要素でもあります。
なにかを一刀両断に切って捨てるというよりは、なにかを考えさせる空白を、作者はあえて作り出すことにより、日本国民へと問いかけとしていたのかもしれません。
 
当時のインタビュー記事の中で、浜田省吾はこの作品に関連して、現在の自分を見つめ直す時、そこには必ず自分の父親がいる、そして、自分の父親を見つめ直す時、そこには必ず1945年がある、といったようなことを述べています。
この作品が収録されたアルバム「FATHER'S SON」は、まさしく父と少年を問い直すものであり、そうした視点に立った時、浜田省吾の父の世代にとっては敗戦がすべてのスタートになっていた。
そして、その父との関係を考えてみたとき、浜田省吾のロックンロールとしてのスタートも、やはり1945年になっていたということなのでしょう。

敗戦によって、日本文化はアメリカ文化に大きく侵略されるわけですが、現在、自分たちが演じているロックミュージックがまさしくそうしたアメリカン・カルチャーそのものであることを正しく認識したとき、彼にとって「1945年」は、絶対的に逃れることのできない存在であったわけです。

ただし、当時の若者たちにとって、既に1945年は遠い歴史の中の物語のひとつになっていました。
時代はバブル景気に踊っており、過去を見つめ直す機会がどんどん薄れてゆくことに、少なくとも父親を通して1945年を振り返ることのできる浜田省吾としては、若い世代になにかを伝えたいと思っていたのではないでしょうか。


| 全曲レビュー(14-FATHER'S SON) | 18:00 | - | - |
反抗期
浜田省吾1980年発表のアルバム「HOME BOUND」収録曲です。
10代の少年が初めて家出をした、その一夜の物語を歌ったものですが、そこで少年が経験したものは、決して夢見ていたような楽しいものではありませんでした。
浜田省吾がまだ10代の少年達の代弁者的な立ち位置にあった時代の名曲です。

ボストンバッグにラジオと着替え押し込み
退学届けと手紙ポケットに入れて
今夜お前は世界を相手に戦い始めるティーンエイジブルー
寒さしのごうと映画館のドアを開け
ジェームス・ディーンの横顔見てももう以前のように熱くなれない
ロビーで煙草ふかすティーンエイジブルー
息が詰まるほど愛に満ちた家 泳ぎ出さなきゃ溺れそう
 
少年が家を出た理由は「息が詰まるほど愛に満ちた家」でした。
何か具体的な不平や不満を抱いているというよりは、「漠然とした満たされない何か」に動かされるようにして、主人公は家を出たのではないでしょうか。
しかし、その家出は決して充実感に満ちた華々しいものではありません。
大好きなジェームス・ディーンの映画を観ていても、「もう以前のように熱くなれない」、どこか上の空で時間だけが過ぎていきます。
あるいは、彼はジェームス・ディーンの映画に触発されて、今回の家出を計画したのかもしれません。

「今夜、お前は世界を相手に戦い始める」のフレーズが、実に主人公の強い決意を表していますが、そうした決意と現実とのコントラストが、この曲の大きなテーマとなっていきます。
個人的な感想ですが、この「今夜、お前は世界を相手に戦い始める」の表現方法は、どこかARBの石橋凌を連想させる表現です。

酔いつぶれた町 深夜喫茶午前4時
誰かにさよなら言おうと電話の前
だけど誰ひとり思い浮かばない
寒いほど一人ティーンエイジブルー
 
モヤモしたものを抱えたまま、公衆電話の前に立ち、誰かと話をしたいと思っている。
「さよなら言おうと」はただの言い訳で、結局のところ、大きな孤独に耐えきれなくなっているというのが、主人公の本音だったことでしょう。
ところが、その孤独を受け止めてくれそうな相手が、誰も思い浮かばない。
現在のように、誰もが携帯電話を持ち、いつでも誰かと繋がっていることを求め合う時代ではありませんでしたから、このような状況になって、初めて自分自身の本当の孤独と向き合うといったことが起こりえたのかもしれません。
 
逃げ出したところで やがて同じこと
誰も手を貸してはくれないよ
明けてゆく空を見上げて舗道歩けば
口びる噛んでも涙止まらない
どこへ行こうか もう帰ろうか
でもそれじゃまた元のティーンエイジブルー
 
一夜が明けようとしたところで、少年は気がつきます。
変わらなければいけなかったのは、彼の回りの環境ではなく、彼自身であったということに。
「逃げ出したところで、やがて同じこと」が、この作品のテーマでしょう。
居場所を変えたって、誰も手を貸してくれるわけじゃない、自分自身が立ち上がるしかない。
しかし、そうした現実に気がついたからといって、彼自身がすぐに変わることができるわけでもない。
それは多くの少年達が超えなければならない壁のようなものです。

「どこへ行こうか、もう帰ろうか、でもそれじゃまた元のティーンエイジブルー」というフレーズは、帰りたいけれど帰れないという少年の日の葛藤を端的に表現しています。
世界を相手に戦い始めようとしていた主人公が、現実に戦っているのは自分自身だったという図式が、少年時代の「どうしようもない苛立ち」というやつの象徴だったのかもしれませんね。

あるいは、こうした失意のストーリーそのものが、ジェームス・ディーンへのオマージュとして仕立て上げられているといった解釈も成り立つのかもしれません。
それは、「傷つきやすい少年」の代名詞でもあった浜田省吾そのものであったとも言えるのです。

サウンド的には、このアルバム「Home Bound」から浜省が積極的に採り入れだした、原点としてのロックンロール・サウンドで、「あばずれセブンティーン」とともに、当時のライブ終盤を一気に盛り上げる重要な曲でした。
作品数が膨大な数となった現在から見ると、まるで宝石の原石みたいにピュアで美しいロックンロールのようにも思えます。

当時のステージで、浜田省吾はこんな話をしています。

次は十代の人たちのために歌を作ったんで、聴いてもらおうと思うんだけど。
(中略)
今も、十代の人たちって、ほとんど家が嫌いなんだよね。
ある意味では、すごい甘えてる、だけどとってもイカしてる。
そんな精神の反逆児たちのために2曲作ったんで、ぜひ聴いてください。

誰もが失ってしまう少年時代のやりきれない思いが、ロックンロールという表現の中に記憶されて、そして、今もまだ生き続けている。
そういうことです。

| 全曲レビュー(6-HOME BOUND) | 01:48 | - | - |
DJお願い!
浜田省吾1982年発表のアルバム「プロミストランド」収録曲です。
当時はまだレコード盤の時代で、B面の1曲目がこの「DJお願い!」、2曲目が「バックシートラブ」、3曲目が「Good-Bye Sweet Home」と、ご機嫌なロックンロールナンバーがたたみかけるような構成となっていました。

浜田省吾作品としては珍しいアカペラによるドゥワップで、非常に短い曲ですが完成度の高い作品に仕上がっており、当時から人気のある作品でした。
古いドゥワップソングを下敷きにした楽曲は、それまでにも見られていましたが(たとえば、「汐風の日々」など)、ここまで完全なドゥワップソングはこれが初めてではなかったかと思います。
 
ひとりぼっちで窓に腰かけ ギター弾いてた
子どもの頃 寂しさだけが友達だったよ
でも今夜はあの娘とふたり 海までドライブ
DJお願い 聴かせておくれ
いかしたロックンロール 素敵なリズム&ブルース
 
歌詞はいつものとおりロックンロールいかしてる、リズム&ブルース大好き的なノリで、既に浜田省吾のステレオタイプが完成の域に入りつつあります。

この作品の特徴のひとつは、「ラジオ文化」に対するリスペクトにあります。
彼女と2人でドライブしている自動車のカーラジオから流れてきたDJへのメッセージソング、今では伝わりにくいかもしれませんが、1970年代から1980年代にかけて、若者たちの情報源の多くはまだラジオにありました。
新曲のチェックやミュージシャンのメッセージなど、若者たちに必要な情報の多くはラジオから流れてきていたのです。

そのため、その時代を生きたミュージシャンたちの多くが、ラジオ文化に対するリスペクトソングを残しています。
サザンオールスターズ「お願いDJ」、佐野元春「悲しきRADIO」、モッズ「ごきげんRADIO」、エコーズ「One Way Radio」、RCサクセション「トランジスタラジオ」、ハウンドドッグ「FENを聴きながら」、アースシェイカー「RADIO MAGIC」と、思いつくものだけを並べていってもたくさん出てきます。
まさしくラジオなくて、1980年代の日本のJ.POPの発展はあり得ない状況と言っても過言ではなかったのです。
そして、浜田省吾のこの作品も、そうした一連の「ラジオ・ソング」の流れの中で生まれてきたものだったのでしょう。

あの頃、多くの少年たちが夢中になった一人ドゥワップ。
あなたも挑戦してみませんか?


| 全曲レビュー(9-PROMISED LAND) | 23:00 | - | - |
<< | 2/76PAGES | >>